Abuのお姉さんにまかせてね♪リールのハンドルの向き★彡


リールのハンドルの向きはどちら?★彡
・・・日頃 あまり考えることなく ハンドルの向きを選んでいる貴方.
「俺は右利きだから 右手でハンドルを回そう」
釣りをする主人公のあなたがそう決めたなら 誰も文句は言えません.

でもね、わたしは右利きなのに 左手でリールのハンドルを回すんですょ.
子供の頃は何も考えることなく お父さんから与えられた右ハンドルのリールを使っていましたが
大人になって お父さんの後をついて行く釣りを卒業し ” 自分の釣り ” をするよーになってから
左ハンドルに転向しました. 初めは違和感バリバリでしたが 釣行3回目ぐらいで ようやく慣れた.
今となっては 右ハンドルをルアーフィッシングの際に用いると 「ちょ~気持ちわるぃ」 正直な感想です.

右投げ左巻きという考え♪右投げ左巻きという考え♪その2右投げ左巻きという考え♪その3

その昔 某社の製品に添付されていた ” レフト偏愛主義者 秘伝の書 ”
興味がある人は クリックして拡大してお楽しみください. このような内容が10頁近く延々と綴られています.

点2 お魚釣りの主人公は あくまでもロッドなんですょ
ロッド =  「あなたの腕の延長」 つまり あなたはどちらの手(腕)を使って お魚釣りをするのか.
リールを装着しない手持ちのシンプルな竿で釣りをする際の姿こそ 釣り人本来の姿.
右利きの貴方は 釣り堀で貸してくれるチープな竹製の竿を どちらの手で握りますか?
そして 竿を持つ反対の手で リールのハンドルを回す・・・ 自然なこと 当たり前のこと

投げ釣りも左ハンドル!?(≧∇≦)  投げ釣り専科★彡 ABUのお姉さん♪

・・・投げ釣りの本にも 同じことが書いてある.
でもね 100m以上ぶん投げた仕掛けを片方の手だけでひたすら巻き続けていると 疲れちゃうんですょ.
ベイトリールの巻上げスピードって なんだかんだ言ってもスピニングに劣るから. とにかく疲れる.
結局 左右交互の手で巻き上げるわたし. だから投げ釣りに関しては 右ハンドルも使用しています.
右ハンドルのベイトリールをさかまさまにして左手で巻き上げるわたしの姿は 傍から見たら完全に
「頭のわるぃ人」 「なんか気持ち悪ぃ人」 状態ですが.

ジギングの時も 激しいリーリングに左手だけだと疲れちゃいますね. 右のほーが体力的に持続できそう.
お魚釣りのスタイルによって左右のハンドル使い分ける・・・ 結論は とりあえずそゅことで.

ABU レフトハンドルの歴史★彡
古い時代のリールのハンドル装着側を観察すると
スピニングは左ハンドル ・ ダイレクトなどの両軸タイプやスピンキャストは右ハンドル
っていう 何か慣習的なものの存在に気付かされます。 これって不思議だなって 思いません?

レフト・ダイレクトリール★彡
当時 両軸タイプは左ハンドルが皆無という訳ではありませんが・・・ でも 極めて希少な存在.

” ロッドの上側に据えるタイプのリールは右ハンドル ”
まだレベルワインダー(平行巻き機能)が無かったころ、右腕でロッドを振って投げ終わった後に
左手をリールの前方に移して ロッドを保持しつつ 「手わいんだー」(レベリング)を行う.
つまり左手でロッドを持ち 右手でハンドルを回す形になってしまうんですね.
スピンキャストの場合でも同様のスタイルで ラインをつまんでテンションをかけて巻かないと トラブルを起こす.
わたしの 「アブマチック」 に付属されていた説明書には そのようにロッドを持つ写真が掲載されています.

あるいは まだ ” 木製の竿 ” を使っていた時代
大きな魚をぶっこ抜く際に 「竿で寄せる」 という芸当ができないから リールで強引に巻き取るしかない.
片軸~両軸リールを使用して ゴリ巻きして寄せる・・・ そこから パワーゲーム = 利き手 という発想が.

わたしのアブマチック説明書♪

これらの太古のスタイルが その後の長い間慣例となって リールのハンドルの向きを決めていました.
今でこそ当たり前ですが ベイトリールのハンドルの向きが左右自由に選べるよーになった時代っていうのは
実は1990年代からなんですょ. 未だに右ハンドルしかラインナップされていないモデルも Abuには多いけど.

日本はレフト後進国!?
話は変わりますが ” 日本はちょ~(超)レフト後進国 ” そんな事情があったことをご存知ですか?
国産スピニングの製造が始まったころ 海外の製品を見たメーカーが 「ハンドルはどっち向きにする?」
当時のリールのハンドルは左右の切り替えができない固定式だったので 悩んだんですね.

「仕方ないから両方作って売り出すか」
すると 売れるのは右ハンドルばかり.
利き手でロッドを操るという基本的な考えが 日本では通用しなかった.
手動の鉛筆削りやコーヒー豆を挽くミルと同様に 店頭でリールを手にして選ぶ時に
右利きの人は反射的に右手でリールのハンドルを回してしまうんですね.
竿と組み合わせた時の姿を忘れ 釣りの主人公が ロッドからリールに変わっちゃった.
「本当は左が正解だけど 初心者の子供さんや不器用者のために 右ハンドルも一応用意」
そんなメーカーの思惑は見事にはずれ 当時の大衆さんたちは こぞって右ハンドルを選んだんですね.

まぁ メーカー側にとっても その後は右ハンドルだけ作ればいいから 嬉しい話なんですけどね.
ダイワのスピニングのカタログ写真も 当初左ハンドルで掲載されていたものが やがて右ハンドルに変わって.
ハンドルの向きを決めてきたのはメーカーではなく あくまでもユーザーという大衆さんなんですね.

骨董すぴにんぐ♪

当時はまだ リールという道具が珍しかった時代.
釣りの主人公が ロッドからリールに変わってしまうというのも うなずけます.
スピニングでもベイトリールでも 日本はとにかく何でも 「右の国」
利き手でハンドルを回す哲学が溢れる国.

左利きさんのための左ハンドル★彡
現代の左ハンドルは 「右投げ左巻き」 というアングラースタイルの需要に応じたもの.
レベルワインダーが誕生しロッドの性能も飛躍的に向上した中で レフトモデルの存在は当たり前に.
「今さらベイトリールのハンドルを右手で回す理由なんかある?」 ユーザー&メーカーの 意識の変化.

ところが 昔の左ハンドルっていうのは ” 利き手でハンドルを回す ” という慣例に従ったもので
あくまでも 左利きの人用 なんですね.
レフト・アンバサダーも そのような時代(1972年)に登場しました. 単なる左利きさんのための一台.

ABU5001CABU 5001C 最終モデル★彡

「左利きさんの人口比率」 調べてみると まぁザックリ10%ってことで.
つまりね  ” リールの市場規模も右ハンドルの1/10 ”
このことに気付いてる人って 実は全然いない.
企業にとっては 例えば月産(=需要)1,000台のところを 僅か100台で勝負しなくちゃならない.
月産100台での生産効率や採算性・・・ それがいかに特異なものか. 商売が難しい製品か.
生産事情が右ハンドルとは全く異なる中で レフトモデルは独特かつ紆余曲折の歴史を歩みました.
5001C 「81年 刻印の最終モデル」 どれだけ価値があることか・・・ 1/10 & たった1年の製造期間.
右ハンドルのOLDアンバサダーなんて屁でもありませんょ. 「価値は10倍」 レフト ばんざぃ.

左利きという少数民族のために作られた 5001Cをはじめとするレフト創生期のベイトリールたち.
わたしは右利きですけどね. でも これからは 「右投げ左巻き」 の時代.

知られざる左ハンドルの世界・・・ 生粋のレフト偏愛主義者だけが知る物語★彡

次のページへ★彡

インデックスに戻る


フッダー