guest roomABU ambassadeur 5001C (1986~)

March 19, 2018

ABU ambassadeur 5001C (1972~)

ABU ambassadeur 5001C★彡




きゃされん♪ 「レフト・ベイトキャスティング」 歴史は5001Cから始まる


・ appearance : (レコード)アンバサダー誕生から 遅れること約20年 やっと登場
 史上初の左ハンドル ベイトキャスティングリール 「左利き用」
 黒色の山型カップ & ビッグAロゴ 3ネジ 残念ですが左に4ネジは存在しなぃ
 同型の ” 6001C ” は生産されず 「全部5000サイズで釣れ」 迫害されたレフト愛好家

・ point : 生産期間は1972~81年まで ” オールド呼ばわりできる5001C ”
 当該年以外での生産品の存在も 否定できづ 「波型カップの5001Cの存在」
 82年~83年は レフト・アンバサダー不在期間 84年にロープロ(ULTRA MAG)で再起
 1986年 「丸くて黒ぃ5001C」 ハイスピードギア搭載で再登場(別途ご紹介)
 「5001Cは日本の要望で作られた説」 完全否定 セールスマンの営業トーク
 本当に当時の国内でレフトの需要があれば 競合するミリオネアにも左があるはづ

・ specification : ギア比 「59:17」≒3.47 当時のレギュラースピード
 同年 ハイスピード(4.7)の5500Cもデビューして 少数需要のレフトは取り残される
 ABU純正及び社外品のハイギアキットあり 欲しぃ人は自分で探す
 スプールはオールド5000Cと同じ ブッシングモデルの5000用とはシャフト径が異なる
 80年 カップのロゴ字体(ゴシック)変更 81年 カップのリム形状の変更(鍋カップ)
 但し80年製の鍋カップも存在するかも? まだ勉強中の身分
 一般常識として 「末尾のC=ベアリング」 一応 当時はフラッグシップ的な存在
 リールフットがつるつる等 生産年による外装の違ぃは 他の詳しぃ人たちにぉ任せ
 「ビッグAの印字がズレてる」 希少品扱ぃ わたしは単に 粗雑な出来損なぃだと思ってる
 カップの刻印がズレた個体は意外に多ぃ どちらを好むかは美意識の問題



ABU ambassadeur old 5001C schematic★彡

ABU ambassadeur 5001C★彡



・ ABU ambassadeur 5001C 097200 (1972)

ABU ambassadeur 5001C 097200

ABU ambassadeur 5001C★彡

ABU ambassadeur 5001C 097200

ABU ambassadeur 5001C 097200



・ attention : オールド5001Cは ” ドラグが逆回転 ”
 通常 ドラグを締める際はハンドルと同方向で前方に回すけど 5001Cは逆回転
 右用のハンドル軸(メインギヤブッシング)を流用した 横着なメカニズム
 発売当時は 「唯一の左ハンドル」 レフト市場独占のABUや5001Cが 全ての正論
 後にシマノがバンタム201SGで逆ネジ(ドラグ正回転)を実現して以来 ABUも追随する形に
 「当時 逆ネジがABUには無かった」 がせねたです 先行してABUの505等には逆ネジ採用



・ ABU ambassadeur 5001C 097200 (1972)

ABU ambassadeur 5001C 097200

ABU ambassadeur 5001C 097200

ABU ambassadeur 5001C 097200

ABU ambassadeur 5001C 097200
72y 同年製を2台持ってても なんか つまんなぃ・・・




・ ABU ambassadeur 5001C 740702 (1974)

ABU ambassadeur 5001C 740702★彡

ABU ambassadeur 5001C 740702★彡

ABU ambassadeur 5001C 740702★彡

ABU ambassadeur 5001C 740702★彡



・ attention : 価値がよくわかんなぃ ” ひねりハンドルの欧州モデル ”
 わたしの1974年製 太軸のスプールも珍しぃとか 所有者本人には その価値の実感が無く
 中古で買っているので 装着されてるパーツがオリジナルか否かもわかんなぃし
 まぁ でも 「わたしも持ってるぞ ひねりハンの欧州モデル」 言ぇるだけで 充分な価値
 サムねぢがキノコ型から普通のタイプに変わってる 初期のキノコの方が好きなんですが



・ ABU ambassadeur 5001C 790102 (1979)

ABU ambassadeur 5001C 790102♪

ABU ambassadeur 5001C 790102♪

ABU ambassadeur 5001C 790102♪

ABU ambassadeur 5001C 790102♪



・ attention : EFシールなしの国内販売品も多数存在する
 当時 国内の販売代理店だった ” エビスフィッシング ” (エビスグラスロッド販売)
 でも それ以外にもアンバサダーの輸入を行っていた業者がいる 「ABU日本総代理店 栄通商」
 1970年 栄通商株式会社発行のABU製品カタログが 某ネット上に掲載
 エビスの記載は一切なく 販売元として スバン株式会社 津田商店 オフト株式会社
 「シール無しはショボぃ並行輸入品」 そぅでもなぃ オールドアンバサダーの陰に 栄通商あり
 ・・・ってか エビスがいつから代理店を始めたのか 実は調べてなぃから わかんなぃけど



・ ABU ambassadeur 5001C 810802 (1981)  刻印変更の最終モデル 「鍋カップ」

ABU ambassadeur 5001C 810802★彡

ABU ambassadeur 5001C 810802★彡

ABU ambassadeur 5001C 810802★彡

ABU ambassadeur 5001C 810802★彡



・ attention : 鍋カップ(凹状リム)の5001Cは いつ登場したのか?
 80年説 & 81年説 ちゃんと調べてなぃからわかりません 80年製は持ってなぃし
 オークションで80年製の鍋カップを見たよぅな気もするけど 曖昧な記憶
 まぁ 刻印の違ぃとか あんまり気にしなぃ そこまでこだわらなぃし
 どちらかと言ぇば不人気な 鍋カップの最終型 でも 希少価値としては こちらの方が上かも



・ ABU ambassadeur 5001C 721200 (1972)

ABU ambassadeur 5001C 721200★彡

ABU ambassadeur 5001C 721200★彡

ABU ambassadeur 5001C★彡

ABU ambassadeur 5001C 89y(たしか)★彡

ABU ambassadeur 5001C 721200★彡

ABU ambassadeur 5001C 721200★彡



・ for fishing : オールドアンバサダーも 「使ってこそ」
 72年製の3台目として所有する5001C 塗装が剥げたカップを黒ぃペンで塗ってごまかす
 「釣行での傷は勲章」 遠目に見れば 自分で塗っていくらでもごまかせる
 ベアリングをブロンズブッシングに変更 そのフリクションこそ 絶妙なブレーキシステム
 4.7比のハイスピードギアに変更済み 赤ハイステッカーは だてぢゃなぃ



・ custom ambassadeur : 一時的に変貌した 721200 「マネしちゃダメですょ」

ABU ambassadeur 5001C KSR★彡

ABU ambassadeur 5001CKSR★彡



・ attention : なにげで1972年製の流通量が一番多ぃ気がする
 一方で 77年製とかは見た記憶がなぃ もしかして 製造期間に空白期があるのかも
 期間内の各年 全ての5001Cを収集できれば たぃしたもの あなたも挑戦してみては?



ABU ambassadur 5001C★彡

ABU ambassadeur 5001C★彡



・ my favorit : なんゃかんゃ言っても 憧れのオールド5001C
 レフト偏愛主義者を自負するなら 左ハンドルの最初のモデルとして 必携の一台かも
 わたしだって 当初は4601Cばかりの 「アンチ5000アングラー」 それでも結局 手を出した
 エコノマイザーを装着すれば ライン巻き量も4601Cと大差なく ” 拒否る理由がなぃ ”

 レフト・アンバサダー 創始の美の原点  一台持ってるだけで 少し尊敬されるかも



ABU ambassadeur 5001C★彡






kyasaren_abu at 10:22│5001C 
guest roomABU ambassadeur 5001C (1986~)