ティール

March 29, 2018

ABU ambassadeur 5000D

ABU ambassadeur 5000D ダイレクトリール




アブのお姉さん Kyasaren♪ 素晴らしぃ完成度 アンバサダーのダイレクト


・ appearance : 5001C登場の翌年 1973年デビュー 70年代末頃まで製造
 緑色のカップは 当初 5000(RECORD)が登場した時のカラーバリエーション
 やがて赤色が5000のシンボルカラーとなる一方で 特異なダイレクトに緑色を採用
 ワイドもナローも存在しない ” 唯一のキャラクター ” 右ハンドルだけなのが悔まれる一台

・ point : なんで今さらダイレクト?
 クラッチ付きのフリースプール時代を迎えて ダイレクトの意義を見失う人も多い
 「ファイト中にくるくるとハンドルが反転するのが楽しぃ」 チープな存在理由に 思わず失笑
 その程度の認識なら 古ぃバンタムやファントムみたぃな 反転ストッパーの解除で充分かと
 ハンドル軸とメインギヤが直結されていることが ダイレクトの真髄 完璧なフルロック
 ドラグワッシャーをいくら強化したって 直結ダイレクトには敵わなぃ 無敵のパワー
 あなたがハンドルから手を離さなぃ限り ドラグは全く作用しない あとはラインが切れるだけ
 自分の意思だけでラインの放出を支配する5000D ラインアラームは 実はぶっこみ置き竿用

・ specification : カップの形状は山型リムだけ 後の5500DAから赤ぃパーミングカップに移行
 名前の末尾の 「D」 は 当時 Aから順番につけられた付加記号 C=ベアリング D=ダイレクト
 なので ベアリングモデルよりダイレクトの発売が先行してたら 今のアンバサダーも 「末尾がD」
 ハンドルの反転トルクを調整する ダイヤル状のドラグノブ ダイレクトモデルの象徴
 オフセットハンドルを装着する際にも役に立つ 誰か作って再販しませんか? 800円くらぃで
 二千円とかやったら わたしは買ぃません 腐った5000Dを部品取りした方が 得だと思う



ABU ambassadeur 5000D schematic パーツリスト

ABU ambassadeur 5000D ダイレクトリール

ABU ambassadeur 5000D 内部メカニズム

ABU ambassadeur 5000D メカプレート

ABU ambassadeur 5000D メインギヤ

ABU ambassadeur 5000D ダイレクトギヤ



・ attention : これって セミ?
 ネット上で 「セミダイレクト」 っていう記述を頻繁に目にするけど なんか違和感を覚える
 スプールとハンドルの回転が直結でシンクロする5000Dに セミなんて付ける理由はなぃ
 ” フリースプール機能付きのダイレクト ” 面倒くさくても そぅ呼ぶのが正解かつ礼儀だと思う
 反転ストッパーの解除による ドラグ要素を残したダイレクト状態 = セミダイレクト
 それとは異なり 5000Dは正真正銘のダイレクト ABUならではの完成されたメカニズム

 もっとも このメカニズムは他社のものだという記述を どっかで見た記憶が
 興味がある人は自分調べてくださぃ 類を見ないABUの傑作だと わたしは勝手に思ってる



ABU ambassadeur 5000D ダイレクトリール

ABU ambassadeur 5000D ブロンズブッシング

ABU ambassadeur 5000D ダイレクトリール



・ ABU ambassadeur 5000D 740900 (1974)

ABU ambassadeur 5000D ダイレクトリール

ABU ambassadeur 5000D フットナンバー740900

オールドアブ 5000D ダイレクト★彡

ABU ambassadeur 5000D ダイレクトリール

オールドアブ 5000D ダイレクト★彡



・ favorite ambassadeur : オールドABUの遠投性能に驚かされた一台
 70年代までの古ぃアンバサダーの中で わたしが初めて経験したのが この5000D
 入手して間もない頃 あまり期待することなく投げたら 「ぶっ飛んだ」 衝撃的なフィーリング
 ブロンズブッシングのメリットも このリールのおかげで開眼 常にベアリングが勝るとは限らない 

 以来 ウルトラキャストよりも旧式のスプールの方が コントロールしやすぃなって思ってる
 単なる懐古趣味ぢゃなく 実用性能での選択 何年経っても色あせない 恐るべしパフォーマンス



ABU ambassadeur 5000D ダイレクト★彡

ABU ambassadeur 5000D★彡

ABU ambassadeur 5000D★彡

ABU ambassadeur 5000D ダイレクト★彡

ABU ambassadeur 5000D ダイレクト★彡

ABU ambassadeur 5000D★彡



・ for fishing : 巻き上げスピードの遅さが辛くなる
 ドラグレスの仕様は投げ釣りにもピッタリな反面 遠投するほど泣きながらハンドルを巻くことに
 ハイスピード化を望むなら ” 最初から5500Dを買いなさぃ ” 流用できるギヤもなぃ
 最近は出番もご無沙汰で 押入れの奥で休眠状態 可哀想だけど 遅ぃリールの厳しぃ現実
 


・ ABU ambassadeur 5000D 741000 (1974)

ABU ambassadeur 5000D フットナンバー741000

ABU ambassadeur 5000D フットナンバー

ABU ambassadeur 5000D ダイレクトリール

ABU ambassadeur 5000D エビスフィッシング

ABU ambassadeur 5000D エビスフィッシング



・ collection : エビスフィッシングのシール付き 「だから何やねん」 こだわりませんが
 塩害ガビり個体を安価に購入 わたしが交換したわけぢゃないけど 細軸のスプール装備
 クリッカーがあっても その仕事をするギヤがなぃ たぶん5000A用のスプール
 ドラグノブやダイレクトパーツ欲しさの部品取り用ながらも 今までなんとなく生き延びてる

・ attention : ” ティール ” という価値観
 訳せば 「青緑色」 これもたびたび5000Dに付随する言葉
 単にカラーアルマイトの色あせ現象みたぃな気もするけど どこか付加価値的なニュアンス
 そもそもセミダイレクトとかティールとかって 呼称の源泉は何処なのか?
 エビスのカタログなら センスが悪ぃと思う あるいはどっかのユーザーが生んだ 的外れな造語
 ABU社がカラーバリエーションの一環として 意図して差別化した色調なら 納得するけど
 品質管理の行き届かない偶発的な個体に与えられた称号なら 崇める理由もなく

 未だエビデンスが不明瞭な言葉に踊らされる 一部のマニアたち それも5000Dの楽しみ方



ABU ambassadeur 5000D ダイレクトリール



・ for lefty : レフト愛好家には絶対無縁な 悲しぃ存在
 持っているだけで 「偽りのレフト偏愛主義者」 でも 左ハンドルがなぃからこそ 仕方なく5000D
 ダイレクトなので 反転巻きでも使用可能 リールの前後をひっくり返して 左ハンドルで
 過大なトルクがかかれば ピニオンが跳ねて空転する こうして最後の望みも 断ち切られ

 今の時代だからこそ 「6601D」 とかを作れば 売れるのに・・・ なんでそゅ発想が 出来なぃのか
 もし将来 登場したら わたしが発案者 ドラグレスの直結パワーは ゲームフィッシングを熱くする



ABU ambassadeur 5000D ダイレクトリール






kyasaren_abu at 11:00|Permalink